FC2ブログ
2018 / 09
≪ 2018 / 08 - - - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 - - - - - - 2018 / 10 ≫

今は元気になった秀ですが、1月~2月は体調を崩していました。

1月26日(金)、夜中の嘔吐に始まり、食欲不振、下痢と絶不調。


20180127-1.jpg


病院で血液検査とレントゲンを撮ってもらったところ、

血液検査はいつも異常無しだったのに、肝臓の数値GPT(ALT)が125で高く、

血漿蛋白(TP)が5.4と少し低くなっていました。

レントゲンでは大腸が細く蛇行していて、腸の動きが鈍くなっているとの事でした。

心臓は薬が効いている様で、前回よりもスリムになっていました。

触診ではお腹の上部を押さえると痛そうな様子。

診断の結果は、冬の寒さによる腸炎ではないかとの事でした。

肝臓の数値が少し高いのは、牛肉類の脂肪分が影響しているのではとの事。

一度食生活を見直してみましょうと言われました。

治療は嘔吐で脱水しているので、皮下点滴と吐き気止めの注射と投薬。

3~4日食欲がほとんど無く、一日おきに病院へ通って皮下点滴をしました。

投薬の種類が心臓の薬も合わせて4種類。

食欲が無くても薬だけは口の奥に突っ込んで飲ませないといけません。

苦い薬を上手く飲ませられなくて、とても辛かったです。



20180127-2.jpg



日に日に回復しても良さそうなのに、良くなる気配が全くなく、

体重も3.6kgから3.2kgになってしまい、命の危険を感じました。

今までこんなに体調を崩す事がなかったのに、何故だろう。

何が悪かったんだろう。

肝臓の数値が高くなったのは牛肉のせい? GPT(ALT)は薬害でも高くなる部分。

色々色々考えました。

もしかして心臓の薬のせいかも・・・・。

秀の心臓の薬の副作用を調べたら、嘔吐・食欲不振・下痢。

秀の症状とビンゴ。


20180202-1.jpg


先日、先生は薬の種類が多いので心臓の薬は優先順位が最後。

速攻性のある薬ではないので、体調が戻るまで1週間程飲ませなくても

大丈夫とおっしゃっていたので、心臓の薬を飲ませない事にしました。

すると、翌日から徐々に食欲が戻ってきて、元気になってきたのです。

2月3日(土)に秀は復活しました。

2月6日(火)に病院へ行き、心臓の薬の事で先生に相談をしました。

今回の体調不良は心臓の薬の副作用ではないけど、薬なので絶対とは言えないとの事。

秀の薬は今一番効果があると言われている薬だけど、

一旦薬を止めるか、違う種類の薬に替えるかの選択でしたが、

薬を止めて定期的に様子を見る事になりました。



20180325-1.jpg



現在秀は元気です。

食生活も見直し、消化の悪いジャーキーやチップ類は食べさせない様にして、

トッピングの牛肉を消化の良いおじやに替えました。

食欲旺盛で、体重は3.2kgから3.45kgに増えました。

心臓も今の状態をキープできます様に。




にほんブログ村 犬ブログ ポメラニアンへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

ちゃあちゃん

Author:ちゃあちゃん
秀(シュウ)は
2011年8月9日生まれ
ポメラニアンの男の子
おもちゃとお散歩が大好き♪
逆立ちだって出来るんだよ!

08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -